​安心のサポート体制

​外国人受け入れにあたり高いハードルとなってしまう入国の為の事務手続きや日本語教育、母国語でのサポート等、企業様がコストをかけにくい部分を組合(監理団体)がサポートすることにより、企業様は「技能実習」そのものに集中できます。

外国人実習生を導入するメリット

​若い実習生が社内を活性化

​技術を学ぶ為に日本に来ている技能実習生はとても意欲的で熱心です。彼らの仕事に対する姿勢や勤勉な態度に触れることにより、すべての日本人従業員にとって良い刺激となり、それぞれの仕事の見直しにも役立ち、全体に良い影響を与えます。

​業務行程の見直し

​「担当する指導員が教える為の準備で、改めて作業工程やマニュアルを見直し、作業効率の改善につながる。さらにそのことでほこりをもって仕事に向き合うようになり企業全体に良い影響を及ぼしている」という事例も報告されています。ぜひ貴社においても検討してみてください。

​経営の国際化

​グローバル化の波の中、外国人技能実習生との異文化交流を経験すれば社内の国際化が進み、今後外国人との文化の違いに戸惑うことなく接する為のノウハウが無理なく身につきます。

​国際貢献による信頼性の向上

​技能実習生を受け入れることで国際的な企業としてのイメージ向上が図られます。また社員の皆様にとっても「国際貢献の社会的使命を果たしている」という誇りをもって仕事に向き合っていくことができるでしょう。

​海外への足がかり

​海外拠点を作る際にも頼りになる人材を育成できたり、技能実習生帰国後も交流を続ければその国への足がかりができます。

技能実習生は母国にある送出し企業及び送出し機関を通じて日本にやってきます。

日本側では、当組合のような監理団体(組合)を通して実習実施機関(企業様)に受け入れていただき技能実習を行います。